OECトピックス

おきなわ環境クラブの新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年度第3回国場川環境調査ワークショップ

テーマ 水辺環境の現状について、一緒に考えてみましょう!
主催 おきなわ環境クラブ事務局
日時 平成22年12月11日(土) 14:00-16:00
場所 環境省 漫湖水鳥湿地センターとその周辺
人数 5名
参加費 100円/名

内容
・センターや木道で漫湖や生き物について学ぶ
・漫湖南岸で水辺の様子や漂着物(種子、ゴミ)を観察する
・集落から漫湖へ流れ込む水路周辺で水質を調査する

当日の様子をもう少し紹介します。

沖縄エコツアーガイドさんに案内していただきました。
ここには島がありました
漫湖周辺の埋め立ての歴史は興味深いです。

センターの2階に設置された望遠鏡で鳥を探してみました。
見つけました!

メヒルギが胎生種子をつけていました。
木についたまま、もう少し成長します

少し寒いせいなのか、干潟の上で見られる生き物は少なかったです。
静かにしてしばらく待っていると出てきます

今回、南岸ではゴミの調査もおこないました。
端から順番に移動して数えるのがコツです
調査範囲を決めて、種類ごとのゴミをカウンターを使って数えました。
ペットボトル等の漂着ゴミが多かったです。

調査結果も共有しました。
見た目にも少し汚れた水のようですが、一緒に測定してみましょう
観察や調査を通して、漫湖の自然や環境の現状や課題について理解を深めることができました。また、移動中は世間話などもしながら、楽しく過ごすことができました。

次回のワークショップは2月に予定しています。
皆様の参加をお待ちしています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oec370.blog38.fc2.com/tb.php/26-63f7dea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。