OECトピックス

おきなわ環境クラブの新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回国場川サガリバナお手入れワークショップ

テーマ 地域で一緒に水辺植生を再現しましょう!
主催 おきなわ環境クラブ事務局
日時 平成22年9月11日(土) 10:00-12:00
場所 国場川右岸:漫湖公園(北側) ジョギングロード沿い河川敷
人数 9名
参加費 100円/名 ※今回から活動経費を参加者にも負担していただいています。

当日はとても良い天気で、水分補給をしたり休憩を取ったりしながら実施しました。

内容
・前回までのワークショップを参加者と一緒にふりかえる
・漫湖、マングローブ、サガリバナについて、沖縄エコツアーガイドから話を聞く
・グンバイヒルガオを植栽する
・草刈りやギンネムの芽生え等の抜取り

当日の様子をもう少し紹介します。

まずは、これまでのお手入れの経過を皆さんと確認しました。
ここのグンバイヒルガオはよく広がっています
半年前に植栽した海浜植物は成長していますが、草刈作業にはまだまだ手間がかかることを確認しました。

ガイドさんの話に興味津々です。
漫湖はこんなところです

今回の活動では、より効率的な雑草管理ができるかどうかを探るため、グンバイヒルガオの植栽方法について、新たな試みをおこないました。
苗木を狭い間隔で横一列に並べています。
苗木を並べて、植える場所をみんなで確認
1)グンバイヒルガオが地表面を覆うように広がりながら成長して雑草の成長する隙間をできるだけ減らせるかどうか
2)草刈の手間を減らせる配置かどうか
を確かめていきたいと思います。

皆さん自主的に積極的に活動されています。
作業を分担して植えていきます
きれいに並びました

こちらは以前に海浜植物を植栽した場所で、グンバイヒルガオの密度が低い部分に補植しています。
皆さん手際良く補植しています
フェンスに近い部分に補植されました
植栽終了後に残った時間を使って草刈・草抜もしました。
そして、本日植栽したグンバイヒルガオに水遣りをして終了しました。

今後は草刈りや草抜きの頻度を多くし、グンバイヒルガオが地表面を覆うように手入れするとともに、グンバイヒルガオや雑草の様子を観察記録していきたいと思います。

サガリバナに実がついていました。花もまだまだ咲きます。
サガリバナには立派な実がついています

グンバイヒルガオやボタンボウフウは花を咲かせるようになりました。
グンバイヒルガオのつぼみ
ボタンボウフウには小さな白いつぼみ

ハマオモトも元気です。
ハマオモトは少しずつ成長しています

次回のお手入れワークショップは11月を予定しています。
参加をお待ちしています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oec370.blog38.fc2.com/tb.php/21-2de8cc2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。