fc2ブログ

OECトピックス

おきなわ環境クラブの新着情報

平成24年度 国場「夜のサガリバナ観賞会」

「国場地域のサガリバナ観賞会を通して、水辺の「自然環境」について考えよう」

日時:平成24年7月21日(土)20:00‐21:15
場所:那覇市国場地域(サガリバナ2ヵ所)
参加人数:43名(一般、親子)
内容:
 ・国場地域の水辺の自然や環境について、沖縄エコツアーガイドと民家の家主からお話をきく
 ・ライトアップされたサガリバナを2ヵ所(白・ピンク)観察する
 

---------------


今年は、例年より2週間ほど遅れて開催することとなりました。

実は、梅雨時期の大雨の様子をみて予想していた開花ピークの時期が、開催日を前に見事にハズレ、ピークを少し終えてしまった状況での開催となってしまいました。(自然は本当に難しいですね。。)

ですが、お陰様で今年も、新聞に広報が掲載されてから2~3日でほぼ定員に達しており、「サガリバナ」のファンが年々、さらに増している(認知度が広がっている)と感じました。

当日の様子を少し紹介します。


当クラブの会長より開会の挨拶をもらい、二手に分かれ、ガイドから国場地域の昔の様子を解説頂きました。
開会のあいさつ様子

嘉数アパート前のサガリバナ(白)様子。
ガイドからの解説に聞き入る参加者

毎年、お世話になっているメインの大嶺さんお宅様子。
P7210176.jpg

家主の大嶺さんからは、サガリバナには地域によって名前が違うことを楽しく解説して頂きました。
P7210179.jpg

撮影に夢中な大人の横で、子供たちには水辺植物「サキシマスオウノキ」の種子にお絵かきを楽しんでもらいました。この種は、あの有名なウルトラマンのモチーフになった実だと言われています。
サキシマスオウノキにお絵かき中

P7210204.jpg

今年は、お庭の少し奥にある小さめのサガリバナ(ピンク)にもライトアップがされましたが、こちらの方がちょうど開花するタイミングで観賞することができました。
P7210192.jpg



開花ピークには残念ながら当たりませんでしたが、大嶺さんの解説やカメラ撮影など、参加者の皆さんはそれぞれ
楽しんでいただけたようです。

最後は、会長より閉会の挨拶を頂いて終えましたが、鑑賞会は終わっても、サガリバナを通して楽しいおしゃべりはつきませんでした。^^
閉会のあいさつ様子

家主さんとのおしゃべりも楽しい時間でした♪

今年も、大嶺さんは快く受け入れて下さり、お茶やお菓子までたくさんご用意頂きました。毎年、本当に感謝しております。有難うございました。

時期は残念ながら過ぎてしまいましたが、一部まだ咲いていたり、このあと種子をつけ始め、熟して落ちた種を拾う楽しみもまだあります。是非、皆さんの楽しみ方で水辺植物に触れてみてくださいね。





平成24年度コカ・コーラ環境・教育財団の寄付金による活動

国場川(漫湖湿地)の水環境改善に向けた啓発活動」

・テーマ:プログラムを通して漫湖湿地の水環境問題について知ろう!
・期間:平成24年度6月~10月中
・対象:国場川流域住民
・内容:
 国場川(長堂川・饒波川)流域に住む小・中・高及び「こどもエコクラブ」の希望団体に向けて、「講義」、「視察」、「実習」、「まとめ」の4科目をセットプログラムとして実施する。

-------------

このプロジェクトは、那覇市国場川河口域(漫湖湿地)の現状と課題を認識し、「水資源」の大切さを知ることで、自分たちが出来る各流域(セクター)の役割について意見交換がされることを目的に、中・上流域の学校へ向けて啓発活動の実施を企画しました。

この4ヶ月間の活動を少しご紹介します~。
漫湖空中写真(1998年)


今年4‐5月、中・上流域の各学校へ意識/ニーズ調査を行なった結果、高等学校4校、小学校1校、児童クラブ1団体の、計6団体から参加希望を受け、調整を進めながら6月よりプロジェクトを開始しています。

6月実施の小学校では、当クラブ会長から「私たちが出したゴミや水はどこへ?」というテーマで講義が行われ、上流のポイ捨てゴミが、下流の「漫湖(ラムサール条約登録湿地)に漂着している現状や、自分たちの生活排水が汚染のほぼ原因であることを知って驚いた様子でした。
小学校出前講座「講義」の様子

児童クラブの視察では、暑さにも負けず、カニやトントンミーなど漫湖に棲む生き物に子供達は夢中でした。
漫湖水鳥湿地センター木道の観察様子


また、7月前半に行なった高校生の実習では、自校の支流河川と本流河川で、水生生物調査・簡易水質・簡易ゴミ調査を体験し、汚染について自分たちで検証を行いました。
校内支流の「水生生物調査」様子

さらに7月後半、2校合同での実施「まとめ」では、受講した3日間のプログラムを振り替えり、それぞれの印象やアイデアなど、これまで知らなかった『漫湖』について五感で感じたことを互いに共有し合いました。
グループディスカッションの様子

そして自分たちにもできることとして、生徒から出た発表は、

・「学内にポイント制のゴミ箱を置き、貯まったら何かプレゼント!」
・「ゴミにならない発泡スチロールを開発する」
・「夏の課題研究にして更に調査してみたい」
・「学内のオープンキャンパスで学んだことを来場者に向けて発信をしたい」…


などなど、さっそく行動しようと思い立つ意見や、楽しいアイデアが飛び交い、高校生ならではの発想に大変感心させられました。


まだ10月まで実施は続きますが、それぞれ足元の環境問題を知る大変良い「きっかけ」となっているようです。

OEC会員との親睦会(ツアー・交流会)

◆日時:3月10日(土)16:00~21:00
◆場所:第1部/ツアー 国際周辺と壷屋周辺
    第2部/交流会 那覇市てんぶす館3階

OEC会員を対象に、互いの親睦を図るため、交流会を開催しました。当日の様子を少しご紹介します。

-第1部-
「国際通り周辺のサガリバナ観察と壷屋散策ツアー」

第一部では、顔なじみの会員さんをはじめ、初めて顔を合わせる方、何年ぶりかの会員さんなど、スタッフを合わせ、計15名の参加がありました。
県庁横交番前にてスタート

ガイドからは那覇の明治初年地図と昭和4年頃の地図が配布され、那覇全体の地形がどのような変化をとげているのか解説がありました。


前半は県庁横コミュニティーを出発し、国際周辺に点在するサガリバナを観察。
そして路地にある昔からの井戸(ティーラガー)やお墓に筋道を抜けて旧ダイナハ(現在はジュンク堂)前のガーブ川を見学しました。
ガイドの解説に皆さん聴き入っています


後半は壷屋散策へ。


国際通り三越前の「那覇市てんぶス館」をスタートに、すぐ横にできた新しい道から、昔ながらの面影が残る壷屋に入ると、そこはいっきにタイムスリップした雰囲気に。
参加者からは、知らない内にどんどん変化していく街の様子を惜しむ声が聞こえます。
ふぇーぬかま(南窯)での解説様子

最後は「てんぶす館」に戻り、ガイドから「普段とは違う視点で歩くと、見慣れた風景も面白い」とまとめがあり、またの機会に自分で散策してみると良いと勧めをいただきました。

初めは少し緊張していた会員さん達も、ツアーを終える頃にはすっかり打ち解けた様子。
回収したアンケートでは、「沖縄に住んでいながら知らないことが多いので、今回のようなツアーをまた企画して欲しい!」という声や「また自分でも歩いてみたい!」という意見や感想を頂き、大好評で終えることができました。


-第二部-
「OEC会員交流会」

第2部では、お待ちかねの有機無農薬野菜で作ったオードブルとドリンク類を並べて会員さんとOECスタッフとの交流を図りました。
会長の挨拶をはじめ、OECと出会った背景やきっかけ、出身地などについて1人1人から自己紹介を頂きました。
会員さんの中には、観賞会や講習会といった「サガリバナ」を通したきっかけの方が多く見られ、普段から植物や生き物など、「自然」が大好きな方たちばかりでした。
会長挨拶の様子

中盤は食事やデザートを楽しみながら、「平成23年の活動報告」の説明と今後の活動予定について報告があり、
後半は、これまでの「国場川ワークショップ」をふりかえり、体験や情報を共有しました。

会員さんからは、「この活動で河川敷がきれいになっている」と感想があった一方で、「なかなか雑草には勝てない」、「外来種のギンネムを他に利用できる方法はないか」など、会員さん同士で意見交換をする場面が見られ、予定時間をオーバーするほど話しがつきませんでした。
スライドを使って活動様子を共有しました


最後は、顔なじみの会員さんから閉会の挨拶を頂き、「今日一日本当に楽しかった!」と嬉しい声で会を終了することができました。

年々、OEC活動に賛同して下さる会員さんが少しずつ増えています。
OEC活動を通して、「水辺環境」に目を向けられるような「きっかけ」と同時に、会員さん同士の交流を図る機会も是非また設けたいと思います~。








第18回国場川ワークショップ

『地域で一緒に水辺植生(サガリバナや海浜植物)を再現しよう!』

主催:NPO法人おきなわ環境クラブ
日時:平成24年2月18日(土)10:00-12:00
場所:国場川河口域 漫湖公園遊具場前えジョギングロード沿い河川敷
人数:7名
参加費:100円/名

-主な内容-
・草取り、ギンネムの根切り・芽生え取り、ツワブキの植裁


今回は変則月ではありますが、春のツワブキ植裁に向けて、
また夏の旺盛時期が来る前に少しでも河川敷を整備しようと
実施をしました。(通常は奇数月の2ヶ月に1回第2土曜)
開会のあいさつ、自己紹介をしました

この日は、沖縄のためにボランティアがしたい、という熱い
想いを持って群馬から移住をされた方、某高校で講師をして
いるニュージーの方、そしてボランティアに興味を持って
参加してくれた方など、皆さん初参加なものの、
男性とあって作業は思ったよりも進むことができました。


当日の様子を少し紹介しましょうね~

◆サガリバナと海浜植物の下草刈班(遊具前A区域水門横~A5)
きづくと時間もあっという間に過ぎていきます
きづくと時間もあっという間に過ぎていきます!

◆根切り作業班(A5-A7あたり)
大物のギンネム(根)をねらうぞ~
大物のギンネム(根)をねらうぞ~

ギンネムの根がこんな大石の横に!!(力持ちです)
ギンネムの根がこんな大石の横に!!(力持ちですね~)

とったー♪(すっきり!!)
やっととれたぁ~!!(すっきり♪)

収穫♪収穫♪(ギンネムの根)
収穫♪収穫♪(ギンネムの根っこたち)

◆ギンネムやチガヤの草刈班(A9-A10)
ノコでできるだけ水平に切るんだよ~
ノコでできるだけ水平に切るんだよ~(サガリバナオーナーさん)

女性陣も負けずにどんどん刈っていきます
女性陣もどんどん刈っていきます

手鎌やノコでこんなにキレイにして頂きました!!
手鎌やノコでここまできれいになりました!!


途中休憩では、作業が思ったより労力がいることや、気づくと
中・上流からの漂着ごみ(ポイ捨て)が多いこと、
実はそこにも生き物が棲んでいて、それを餌とする水鳥が飛来
することなど、体験したり目を向けてみると普段とは違う「国場川」
の様子が感じられることを皆で共有しました。
みなさん和やかムードで情報交換中

そして引き続き後半の作業をしたあと、最後は全員でフェンス沿い一部に
ツワブキを一列に植哉し、元気に育つことを願いながら作業を終えました。
来年の開花が楽しみです♪

まとめでは、顔なじみの会員さんからの嬉しい差し入れ
(アップルパイ♪)を頂きながら、今日の作業について振り返り、
次回の参加を呼びかけて終了としました。
河川敷にてパシャリ★
河川敷にて記念写真をパシャリ★
みなさん、本当におつかれさまでした!!

次回のワークショップは、3/24(土)10:00~12:00です。
HPトップにチラシをアップしますので、皆さん是非、チェックを
してご参加下さいね!(お申込み必須)


緑化活動を通して、身近な自然環境が見えてくると思います。
是非、国場川に足を運んでみてはいかがでしょうか~。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

第17回国場川ワークショップ


『地域で一緒に水辺植生(サガリバナや海浜植物)を再現しよう!』


主催:NPO法人おきなわ環境クラブ
日時:平成24年1月14日(土)10:00-12:00
場所:国場川右岸 漫湖公園噴水広場近くジョギングロード
   沿い河川敷
人数:8名
参加費:100円/名

-主な内容-
・草取り、ギンネムの根切り・芽生え取り

新年が明けて初めてのワークショップを行いました。
はじめの挨拶

風もあって、当日は寒い中でしたが、顔なじみの会員さんと、今回は頼もしい青年2名が初参加をしてくれました。

OECでは、初めての方にも活動の背景や目的など、丁重に説明をしてから作業に入りますので、ご安心を♫
OEC会長からの解説

当日の様子を詳しく紹介しましょうね~。

去年に引き続きA区域にて、ちょうど今が開花時期の「ツワブキ」周辺と、去年、どなたかの行為で突如、出現したお芋畑の下草刈や根切り作業を行いました。

きれいに並んで植裁された「ツワブキ」は、それは見事な咲きっぷりで、参加者やジョギングをされる地域の方など、みんなの目を惹きました。
鮮やかな黄色の花が緑に映えます

ツワブキ畑のようですね~

参加者からは、皆が目を向けて喜んでくれた「ツワブキ」の開花のように、いずれ、「サガリバナ」も立派に開花して並ぶ時がくるかと思うと、「きれいだはずね~、すごい楽しみだね~!」と会話が弾み、みなさん待ち遠しい様子♫

また、この春に「ツワブキ」を補植しよう!とまで話しが出てみんなで盛り上がりました♫

お芋畑については、グンバイヒルガオと同じくツル状とあってか、現在、きれいに定着しており、雑草のチガヤやギンネムの成長はある程度抑えられているようでした。(お芋ってすごいっ)
芋ズルもギンネムに負けず成長しています

顔なじみのOEC会員さんから教えてもらった話しですが、浦添のあるところでも、同じように雑草(ギンネムやセンダングサやetc…)に困っていたところ、あるときお芋畑を作ったら、すごい勢いで成長をし、雑草の成長に勝ったといいます。

そして、今では収穫の時期には、地域の人みんなで芋掘りを楽しんでいるとのことです。

そんな話しを聞いた矢先、ここA区域にも突如、出現した芋畑だったので驚いていたのですが、今ではすっかり元気に四方八方へと成長しています。

…さて、ここで当日の作業様子をちょっとご紹介~。

二人の青年には、初参加にもかかわらずちょっと大変な根切り作業を頑張って頂きました。
実はけっこうな力が必要なんです。。

皆さん、汗だくだくになって頑張って頂きました!

会長から手ほどき頂きました

その後、草刈・根切り・ゴミ拾いの作業に分かれ、ギンネムが生え放題なその先も、みなさん積極的に作業をおこなって頂きました。
丁重な作業が続けられます

P1010783.jpg

ポイ捨てや漂着ゴミやら…

最後は、みなさんと記念の1枚♫
皆さん、本当におつかれさまでした!!


次回のワークショップについては、普段は2ヶ月に1回、第2土曜の予定で行なっていますが、先程の春の補植作業に向けて、今月(2/18)も実施することを決めました。

すでにOECのHPトップには案内が出ていますが、是非、春の植裁に向け、一緒に活動して下さる方を募集していますので、お気軽にお問合せのうえ、お申込ください~。お待ちしておりまーす♫

<おまけ>
ツワブキの花

ツワブキの種